Jaleo(ハレオ)豆知識

落ち葉が赤や黄、オレンジへと姿を変え、お散歩が一段と楽しい季節になりました。

 

さて、今回はハレオについて書こうと思います。

というのも、

「ハレオってどんな風にすればいいのですか?」

「タイミングはいつ?」

「そもそも何て言えばいいの?」

「言ってはいけないタイミングってあるの?」

等、ハレオについて質問を受けることが多いからです。

 

Jaleo(ハレオ)は動詞Jalear(ハレアール)の名詞形です。

Jalearは掛け声をかける、励ます、声援を送る、元気づけるという意味です。

したがって、Jaleoは声援、お囃子(はやし言葉)という意味になります。

ハレオは出演者を大いに励ますことになり、特にクワドロの時は盛り上がるためにも欠かせません。

先日、姫路市にあるバル、【ジョージアダムス&ハレオ】さんでのフラメンコ夜会にフラメンコ仲間たちを応援しに行ったときも、沢山ハレオをかけたら、喜んでくれました☺

 

ジョージアダムス&ハレオさんは魚町にあるのですが、西二階町に【ハレオ】としてオープンされた時から数年間レギュラー出演させて頂いたとってもお世話になったお店です。

魚町に移られてからもハレオさんのスペイン料理はおいしいですし、ワインの種類も豊富で、お店の雰囲気もおしゃれなので、ぜひ行ってみてください☺

 

 

慣れないうちは躊躇している間についついハレオをかけ損なってしまうものですが、普段のお稽古の時やYou Tubeなどでフラメンコライブの動画を観ている時から、思い切って声を出しましょう!

そうすれば、本番でもちゃんとかけられるようになります。

 

印は特によくつかわれるので、まず印がついているものから使ってみましょう。

 

ものにより、曲の初め、中、ジャマーダの時、ぬけた時、終わりなど使うときが限定されているものもありますので、その使い分けに注意しましょう!

 

※日本では女性のフラメンコ人口が多いので、女性型を優先して書きますね。

 

agua アグア ♡  水。水は命!   

aqui アクィ  Aguaの古語

anda アンダ  さあ、しっかり

animo アニモ  がんばれ

arsa  アッサ ♡ よく使われる。特に意味はない。

arte  アルテ  芸、技、芸術

azuca アスーカ Azucar=砂糖  甘いものはよいもの、という認識からですかね?   スペイン人は甘いものが大好き(⋈◍>◡<◍)。✧♡

a zu qui qui アスキキ セビージャの古いハレオ

ay  アイ いわゆる「抜けた」ところやカンテの区切りでかける。

bien ビエン♡ =Good

baila bien バイラビエン  踊りがGood。ニュアンスとしては「いいぞ!」という感じです。

canta bien カンタビエン  歌がGood。

toca bien  トカビエン  ギターがGood。

muy bien ムイビエン  Very good。

bonita/bonitoボニータ/ボニート♡ きれい。かうぃい。素敵。

buena/bueno ブエナ/ブエノ 素晴らしい

chiquilla  チキージャ  女の子、かわいいぞ!という感じです。

ella/ello  エジャ/エジョ 彼女!彼! アンダルシアの人は目の前の人にも三人称をよく使います。

es hei エッヘイ   うまく入れるとかっこいいですが、難易度高めです。吐き捨てるように言うのがコツです。似たもので、イッヒーというものもあります。

eso es  エッソエ  そうだ、そのとおり。江戸っ子のそれよ! 関西弁の、ええやん!

fuela  フエラ  さぁ、いけ!という感じに近いです。

gitana/gitano ヒターナ/ヒターノ  ジブシー女/ジプシー男 Ole baila gitana 等。

gracia  グラシア    優美な、愛嬌、天から授けられた妙味。 Ole gracia 等。

guapa/guapo グアパ/グアポ  美人/男前

hombre オンブレ  男、いよっ男だね~という感じです。

maestro マエストロ(マエットロの方がアンダルシアっぽいです)  巨匠! 先生!

mira   ミラ  見る、の命令形かと。実際はそれ!という意味で使うことが多いです。

ole♡ オレ 最も代表的。イスラム教のアラーに由来するともいわれています。

 Ole vamos ♡ オレバモ  

 Ole, viva sevilla オレ ビバセビージャ

 Ole,    baila bien オレ バイラビエン ここに名前を付けくわえても〇

 Ole,   bonita オレボニータ ここに名前を付けくわえても〇

pipo ピポ 意味はないです。リズムに乗せて繰り返すことも多いです。

pura/puro プーラ/プーロ 純粋な Gitana pura、Flamenca pura 等。

quiero キエロ  好き!それいい!

 te quiero テキエロ  I love you

toma♡ トマ   さぁ、しっかり

 toma y toma トマイトマ

 toma, que toma トマケトマ

valiente バリエンテ 素晴らしい!

vamos ♡ バモ さぁ!

 vamos a alla(aya?) バモアジャ(バモハジャ)

viva—  ビバ~  ~万歳

 viva Cai ビバカーイ カディス万歳

 viva Sevilla ビバセビージャ セビージャ万歳

y arsa ヤッサー(ジャッサー)スペルは不明ですが、よく登場します。

 

どんどん使ってみてくださいね☺

 

ちなみに、今月末11/29にTea House Flamencoは姫音祭に出演します。

生のハレオも嬉しいですが、You Tubeでのいいね、やコメントのハレオも大歓迎です。

ぜひご覧ください☺

 

 

 

 

 

 

【電話】 090-8449-5282
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【英賀保文化教室】 水曜日 17:30~ / 18:30~ / 19:30~
【明石教室】 月・土曜日 10:00~11:00 / 11:00~12:00


一覧ページに戻る