肩が上がってしまうというお悩み

こんにちは!
オンラインと姫路明石のフラメンコ教室Tea House Flamencoの静利奈(しずか りな)です。

 

初心者さんのクラスでよく、

「肩は上げずに落としましょうね~」

「肩の力は抜いて!」

と言うのですが、

その感覚がわからずどうしても肩を落として踊ることが出来ない、ということ、多いです。

 

もしくは、言われた時は肩をおとせても

だんだん肩が上に上がっていきます

 

フラメンコは、肩を下におとして踊ります。

 

肩をおとして踊るのは

フラメンコだけでなくバレエや社交ダンスも同じですね。

 

踊る時、基本的に肩はさげます。

 

さげるというより

背中の筋肉でブラソ(腕)をささえる、という感じです。

 

肩があがりやすい

肩に力がはいりやすい人は

 

背筋と腹筋が弱く

使えていないという特徴があります。

 

背筋は、腕につながっています。

 

「背中で踊るように!」

 

「背中から腕を使って!」

 

「背中に翼が生えているように、その翼が腕のように腕を使いましょう~」

 

とレッスン中によく言いますが、そのことです。

おそらくTea House Flamencoの初心者クラスの生徒さん達は、

きっと頷いているでしょう(笑)

 

背筋が弱いと、どうしても背中で踊ることができません。

 

背中の感覚がよくわからない人は

トレーニングで背中を鍛えながら

普段つかえていない筋肉を目覚めさせていくことをおすすめします。

 

筋トレは、筋肉をつくるだけでなく

普段使っていない眠っている筋肉を目覚めさせることが出来る

効率のよいトレーニング方法です。

 

そして腹筋。

腹筋、体幹が弱いと、無意識に肩に力が入りやすくなります。

 

年齢と共に筋肉は落ちていきます。

 

肩の力を抜けない人は、腹筋を鍛えてみましょう。

 

腹筋、体幹が鍛えらえると

体の安定感も変わりますよ。

 

普段使っていない筋肉を目覚めさせ

使えるようにするには

バランスよく鍛えましょう。

 

つまり、いろんな種類のトレーニングをした方がいいです。

 

若いときは筋肉があっても

残念ながら年齢と共に普通に生活をしても筋力は落ちていきます。

これ、現実…

 

気づかないうちに、確実に筋力は落ちていきますので

 

現実を見つめ現状を維持するには

トレーニングするしかありません。

 

面倒くさいように思えるかもしれませんが、地道に頑張ったほうが結局は近道です。

 

 

そうそう、背筋腹筋だけではありません。

肩甲骨も深くかかわっています。

それは今度書きますね~

長くなりますので。

【電話】 090-8449-5282
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【英賀保文化教室】
水曜日
 13:30~14:30 中級
 14:30~15:30 初級
 15:30~16:30 キッズ
【明石教室】
金曜日
 16:00~17:00 入門・初級
 17:00~18:00 入門・初級
土曜日
 12:00~13:00 初中級
 13:00~14:00 初中級
 14:00~15:00 入門
【北平野教室】
月曜日
 10:00~20:00
火曜日
 10:00~11:00 / 11:00~12:00 子連れOKクラス
 18:00~18:50 キッズ
 19:50~20:50 中級
水曜日
 10:00~13:00 / 17:00~20:00

※開講準備中のクラスもございますので、上記にご希望の時間帯のクラスがない場合もお気軽にお問い合わせください。


一覧ページに戻る