マイストーリー その1

「フラメンコ、いつからされているのですか?」

「きっかけは何だったのですか?」

「どうしてフラメンコの先生になったのですか?」

「いつから教えてらっしゃるのですか?」

「ライブはいつ頃から出ているのですか?」

「フラメンコ以外の踊りの経験は?」

などを聞かれることがよくありますので、マイストーリーを書いてみようと思います。

【自分史】というと、なんだかたいそうなものものに聞こえますし、照れくさいので、マイストーリーにしてみました(笑)

話が行ったり来たりしそうなので、時系列で書いてみます。

 

 

【幼少期~高校生】

3歳の頃からピアノを習っていたためか、歌うこと、弾くこと、作ること、音楽が大好きでした。

バレエや日本舞踊など踊りは一切習ったことがありませんでした。

 

踊りの経験といえば、中学生の時にTRF、Max、安室ちゃん等を真似してみた程度です(笑)

年齢がばれますね(笑)

あとは、高校の体育で創作ダンスを作るのに張り切った程度。

曲は今でも忘れません、【Dub-I-Dub】に合わせて振り付けを考えました。

年齢がますますばれますね(笑)

 

【大学生時代】

先輩達の姿をみて、「かっこいい!」と思い、チアリーディング部に入りました。

しかし、入学当初片道3時間かけて通学していた私は始発で竜野を出て、朝練、授業、部活、バイト後夜遅くに帰宅という日々のせいか、体調を崩し、退部してしまいました。

その後下宿を始め、体調も戻ったのですが、同期からは遅れが出ていることも感じ、チアリーディング部には戻れず。

そんなこと気にせず、復帰すればよかったのですが、その頃はそういうことをすごく気にするタイプでした。

 

そんな中、和歌山のポルトヨーロッパへ行ったときに、ゲストのスペイン人達がパレードでフラメンコを踊っており、一緒に踊ろう!と引き込まれました。

「わ~フラメンコって楽しい!」と思いました。

 

この時「フラメンコ、習ってみよう!」とすぐにはならなかったのですが、春になり、新入生に紛れて大学のフラメンコサークルに見学に行ってみました。

そして、同級生とは2年遅れではありますが、新1年生とともにフラメンコをスタートすることになったのです

なので、この頃から年齢不詳、学年不詳になったようです(笑)

 

フラメンコを歌うことも踊ることも大好きになりました。

ステージデビューは大学の夏祭り。

その後、

夏休み:全国学生フラメンコ連盟の合宿に千葉の館山へ

秋:間谷祭(学園祭)ステージ

春休み:東京公演

を3年生、4年生と2年繰り返し。

その他、地域のお祭りなどに出演する機会があり、ステージが大好きでした。

↑間谷祭で初めて踊ったときの様子。

アバニコをもっているから、セビジャーナスかな?

後ろで歌っているえりちゃんとは今も一緒にフラメンコをしています。来週末の姫音祭も、歌いに来てくれます。

 

当時のビデオ(DVDではなく、VHS(笑))が残っていますが、観たら自分で恥ずかしくなるくらいです。。。(笑)

あ、ビデオなのでもう長い間観れていないです(笑)

良き思い出です。

当時からしょっちゅう生のギターやカンテとともに踊ることができていたのは、本当にいい環境でした。

ギタリストとともに歌える機会があったこともありがたい環境でした。

 

フラメンコを始めたばかりの生徒さんにも「イベント出ましょう!」と声をかけるのはこの楽しみを味わってもらいたいからです。もちろん強制ではありません。

 

長くなってきましたので、いったんここで区切ります。

次回【大学卒業後】(ここからが本当のフラメンコ!)に続く。

 

【電話】 090-8449-5282
【メール】 こちらのフォームよりどうぞ(24時間受付)≫
【英賀保文化教室】 水曜日 17:30~ / 18:30~ / 19:30~
【明石教室】 月・土曜日 10:00~11:00 / 11:00~12:00


一覧ページに戻る